慶應義塾ふたご行動発達研究センターの研究に
ご協力くださっている双生児のみなさま・双生児の保護者のみなさまへ

データの外部管理に関するご説明とご同意のお願い

「慶應義塾ふたご行動発達研究センター」では、これまでに双生児とそのご家族のみなさまからさまざまな調査を通じて、大量のデータをいただいてまいりました。これらのデータは、それぞれの調査でご説明をさせていただき、ご同意をいただいたとおり、慶應義塾大学内の専用サーバによって保管し、このサーバと外部ネットワークとの通信は、ルータ及びファイヤーウォールによる遮断・保護を行っており、研究者がサーバへアクセスする際はアカウント、パスワードによって制限され、通信を暗号化することによって、外部にデータが漏洩することのないように管理されて参りました。
しかしながら諸事情により、2017年よりこのサーバが停止されることになりました。そこで今後はGoogleが提供・管理する外部データ管理システム”G-Suite for Education”に移行することにしたいと考えています。つきましては、みなさまからいただいたデータを、このような外部システムを利用して管理することにご同意をいただけるか確認させていただきたく存じます。

G suite for Educationとは
“G suite for Education”はGoogle 社が「教育機関向け」に提供しているサービスです。このシステムは慶應義塾でも、大学教員や学生のメールのサービスでも用いて運用していることからも、一般に信頼できるものと考えられます。とくにこのシステムのセキュリティは、セキュリティ・ポリシーにしたがい「2 段階認証プロセス」によって管理されます。これはGoogle の企業アカウントにログインするときに、携帯電話で受け取った追加コードの入力をユーザーに強制することにより、パスワードのセキュリティを強化するものです。こうすることにより、パスワードが侵害された場合にも不正アクセスを防ぐことができるようになっています(くわしくはこちらをご覧ください)。

外部管理するデータ
このたび”G suite for Education”上で管理するデータは以下のようなものです。
  • 認知能力に関するもの(知能検査、推理能力、ワーキングメモリなど)
  • 学業と社会的達成に関するもの(学歴、収入、教育経験、職歴など)
  • パーソナリティに関するもの(外向性、勤勉性、情緒安定性、社会的態度など)
  • メンタルヘルスに関するもの(うつ傾向、主観的幸福感など)
  • 身体に関するもの(身長、体重、食行動、喫煙、飲酒、睡眠など)
  • 家庭環境に関するもの(親の養育行動、家族関係など)
  • 遺伝情報・脳画像情報・顔形状を含む可視形質の生体計測データと動画像は含まれません。
またこれらのデータは、これまでと同様に、氏名・住所・電話番号・メールアドレスなどいった個人情報は含んでおらず、すべてID番号だけが付されたもので、個人情報とはこれらID番号だけで結びつけられた「連結可能匿名化」された形で管理されます。
以上のような形をとることで、みなさまからいただいたデータが、個人情報とともに外部に流出することは一切ないことになります。また繰り返しになりますが、データそれ自体に個人情報が含まれると考えられる遺伝情報、脳画像情報、動画像、顔形状のデータは、上記のとおり、含まれません。
もしご自身のデータを”G suite for Education”で管理することにご同意いただけない場合は、下記「お問い合わせ先」へメールあるいは文書でご連絡をいただきたく、お願い申し上げます。
ご同意いただけない場合は、いただいたデータをデータベースから削除いたします。なおその際に、個人情報との連結がなされない連結可能匿名化の状態で教育用としてデータを利用させていただけるかどうかを確認させていただきます。
慶應義塾ふたご行動発達研究センター長
慶應義塾大学文学部教授
安藤寿康

問い合わせ先:
inquiry@kts.keio.ac.jp
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学
慶應義塾ふたご行動発達研究センター


※ 2005年以降、KTSを含むKoTReCが取り組んできた研究課題とその担当研究者の一覧は以下となります。

研究テーマ 代表研究者 共同研究者(所属・職階は当時のもの)
1 2005 遺伝子と脳の活動の解析を含む双生児による精神機能の行動遺伝学的研究 安藤寿康 慶應義塾大学文学部教授 大野裕 慶應義塾大学保健管理センター教授
木島信彦 慶應義塾大学商学部助教授
神庭重信 九州大学大学院医学研究科教授
長谷川寿一 東京大学大学院総合文化研究科教授
吉村公雄 国立がんセンター研究所主任研究官
戸田達史 大阪大学大学院医学研究科教授
2 2005 双生児法による乳児・幼児の発達縦断研究 安藤寿康 慶應義塾大学文学部教授 大木秀一 石川県立看護大学健康科学講座助教授
加藤則子 国立保健医療科学院研修企画部部長
野中浩一 和光大学人間関係学部人間発達学科教授
3 2007 ふたごを対象とした健やかな心身の成長と子育て・教育に関する大規模調査 安藤寿康 慶應義塾大学文学部教授 藤澤啓子 慶應義塾大学文学部助教
滝沢龍 東京大学大学院医学研究科准教授
村山航 The University of Reading Lecturer
野嵜茉莉 日本学術振興会特別研究員(PD)
4 2009 Webを用いた双生児調査による行動遺伝学的研究 安藤寿康 慶應義塾大学文学部教授 平石界 京都大学こころの未来研究センター助教
敷島千鶴 慶應義塾大学先導研究センター研究員
大野裕 慶應義塾大学保健管理センター教授
岡田光弘 慶應義塾大学文学部教授
5 2010 双生児法による乳幼児期・児童期から青年期の社会性・メンタルヘルス調査 安藤寿康 慶應義塾大学文学部教授 藤澤啓子 慶應義塾大学文学部助教
野中浩一 和光大学人間学部教授
6 2012 認知能力と脳の構造・機能の関連に関する双生児研究 安藤寿康 慶應義塾大学文学部教授 染谷芳明 慶應義塾大学先導研究センター特任助教
山本絵里子 東京大学大学院非常勤研究員
玉田圭作 慶應義塾大学文学部博士課程
岡田光弘 慶應義塾大学文学部教授
敷島千鶴 慶應義塾大学先導研究センター研究員
7 2016 双生児法による教育の行動ゲノミクス研究 安藤寿康 慶應義塾大学文学部教授 岡田光弘 慶應義塾大学文学部教授
小林千浩 神戸大学大学院医学研究科准教授
坂上雅道 玉川大学脳科学研究所教授
戸田達史 神戸大学大学院医学研究科教授
豊田敦 国立遺伝学研究所生命情報研究センター特任准教授
山形伸二 九州大学基幹教育院准教授
敷島千鶴 帝京大学文学部心理学科准教授
染谷芳明 慶應義塾大学先導研究センター特任助教
山本絵里子 東京大学大学院非常勤研究員
玉田圭作 慶應義塾大学文学部 非常勤講師
8 2015 双生児法による児童期の行動遺伝学的教育研究 安藤寿康 慶應義塾大学文学部教授 藤澤啓子 慶應義塾大学文学部准教授
野嵜茉莉 日本学術振興会特別研究員
出野美那子 武蔵野大学通信教育部講師
9 2016 初等中等教育期での教育状態が若年期における学習意欲・就業・所得に与える影響の計測と、若年層の教育投資意欲格差が発生する背景の解明 赤林英夫 慶應義塾大学経済学部教授 敷島千鶴 帝京大学文学部教授
直井道生 慶應義塾大学経済学部准教授
樋口美雄 慶應義塾大学商学部教授
湯川志保 帝京大学経済学部助教
太田聰一 慶應義塾大学経済学部教授
安藤寿康 慶應義塾大学文学部教授
山形伸二 九州大学基幹教育院准教授
10 2016 双生児データベースの研究・教育利用 安藤寿康 慶應義塾大学文学部教授 藤澤啓子 慶應義塾大学文学部准教授
山形伸二 九州大学基幹教育院人文社会科学部門准教授
高橋雄介 京都大学教育学部・大学院教育学研究科特定准教授
鈴木国威 大阪人間科学大学人間科学部医療心理学科准教授
敷島千鶴 帝京大学文学部心理学科准教授
11 2016 向社会性の脳構造に関する双生児研究 安藤寿康 慶應義塾大学文学部教授 坂上雅道 玉川大学脳科学研究所教授
高岸治人 玉川大学脳科学研究所助教
山岸俊男 一橋大学大学院国際企業戦略研究科特任教授
染谷芳明 慶應義塾大学先導研究センター特任助教
12 2016 顔形状を含む可視形質を規定する遺伝要因に関する双生児研究 安藤寿康 慶應義塾大学文学部教授 今西規 東海大学医学部基礎医学系分子生命科学教授
木村亮介 琉球大学大学院医学研究科人体解剖学講座准教授
中川草 東海大学医学部基礎医学系分子生命科学助教
三橋里美 東海大学医学部基礎医学系分子生命科学特定研究員
羽原拓哉 東海大学医学部基礎医学系分子生命科学研究技術員
13 2016 成人双生児による社会達成と社会環境に関する行動遺伝学的研究 安藤寿康 慶應義塾大学文学部教授 山形伸二 九州大学基幹教育院准教授
高橋雄介 京都大学教育学部特任准教授
川本哲也 日本学術振興会特別研究員
滝沢龍 東京大学医学部講師